愛用しているサプリ、愛せなかったサプリ(順次追加予定)

Pocket

サプリメント、トカゲの飼育には必須と言われていますが、何が良いか、という情報が見つけづらくて困っている人も多いのではないでしょうか?

今回は私なりのサプリメント紹介をさせていただきたいと存じます。

 

 

※注意

・サプリメントなんてもんは人間の医学においても突き詰められていない要素であり、人間医学より30年以上は遅れているであろう爬虫類医学において、さらに大学で獣医学すら修習していない私個人レベルで、書ける事なんてたかだか知れています。今回の記事はあくまで主観に依るものが多いので、語尾に「だと思う。」「~だといいな。」を付けるぐらいのスタンスでお読みください。

・いつも通りトカゲの事を想定しています。カメやヘビはまた違った事情があると思うので、あまり参考にしないでください。

・あたかも複数のサプリメントを使い分けているかの様に書いてますが、沢山買った上で使わないと勿体無いから無理やり使っているだけです。多種多様なサプリメントを使い分けることが偉い!というつもりは1ミリもありません。

 

ちなみに

◎は愛用しているサプリです。○は準レギュラー、×は使用していないサプリメントです。

 

 

1.カルシウム

×GEXカルシウム+ビタミンD3 40g

ジェックス カルシウムVITD3 40g PT1855

 

お値段も安く、ホームセンターなんかにも普通に売ってたりするので使っている人も多いのではないでしょうか?基本的には炭酸カルシウムを中心とした、オーソドックスなカルシウムパウダーにカルシウムの吸収に必要なビタミンDを加えた物です。ネズミ食でもない限りこれで良いと思います。あまり数を飼ってない人にとっては嬉しいサイズかも知れませんね。使わなくなった理由は・・・なんでだろう?忘れました。多分見栄です。

 

ビタミンDについて

ちょっと脇道にそれますが、サプリメントに含まれるビタミンDについて一言。

ぶっちゃけ私はあんまり気にしてません。

こちらの粉末に入っているビタミンD3は14.740IU/lb、これは魚介類やヒヨコ、マウスに含まれているビタミンD3に比べてもかなり控えめです。獣医さんに聞いてみても、経口摂取できるビタミンD3の量というのは信憑性のあるデータは今現在でも無いと口を揃えて言いますし、結局メーカー側も当たり障りのない量をぶち込んでるんじゃないかな、と勝手に憶測してます。

ビタミンDについてはまた別の記事で詳しく書こうと思いますので、今回はこれだけ。

 

 

○月夜野ファーム マルベリーCa

月夜野ファーム 詰め替え用 マルベリーCa 両生・爬虫類専用 飼料添加剤 200g

 

イベントでコオロギを売っているお店と言えば月夜野ファームさん。そんな月夜野ファームさんが出しているカルシウムパウダーです。名前の通りマルベリー、つまり桑の葉の粉末が入っているのでなんとなく健康に良さそうです。実際桑の葉は草食爬虫類にとってはとても優秀な餌ですからね。ただ、販売元が詳しい数値を特に出ていないので語れることがあまりありません。

コスパも良いので結構長いこと使っていたのですが、うちのメンツにはこれの香りを嫌がるのがいるみたいで、今ではそれ程出場頻度は高くありません。ちなみにカルシウムを三種類配合しているそうな。

 

カルシウムの種類について

カルシウムのサプリメントを探していると炭酸カルシウム、クエン酸カルシウム、乳酸カルシウムの三種類のカルシウムが目に入ると思います。3種のカルシウムには吸収率に差があり、乳酸カルシウム>クエン酸カルシウム>炭酸カルシウムと言われています。こう見ると乳酸カルシウムが最も優れていて、実際お値段も高いので、せっかくだから乳酸カルシウムが含まれている物を買おう!という考えになる人も多いと思います。

ただし、各カルシウムの組成を見ると、炭酸カルシウム>クエン酸カルシウム>乳酸カルシウムであり、結果だけ見ると吸収率とある程度相殺され、実質的に取り込まれるカルシウム量の優位性がある訳ではないという研究結果も数多く出ています。これはあくまで人間医学(ある意味ではラット医学でもあるのだけど)の話なので、100%爬虫類に当てはめる事はできないかもしれませんが、つまる所何が言いたいかというと、乳酸カルシウムサプリの安易な謳い文句に乗る必要はない、と言うことです。

その他にも乳酸カルシウムは水に溶けてくれるので投与しやすい、ただサラサラしているので炭酸カルシウムの様にちゃんとダスティングできない等性質に違いがあります。

 

ただマルベリーCaは3種類のカルシウムを使ってこのお値段ですから、十二分に良心的だとは思いますけどね。

 

 

× ポゴナ・クラブ 爬虫類牧場パウ 炭酸カルシウム

 

ポゴナクラブ 爬虫類牧場パウ 炭酸カルシウム 152g

 

 

×レパシー Formic-Cal Plus

 

 

ツノトカゲにハマりだしてから購入したサプリメントです。蟻食いトカゲを想定したサプリメントで、ギ酸カルシウムを含むのが特徴です。残念ながら日本では一般的に流通していませんが、専門店の方にお願いしたら取り寄せて貰うことができる場合もあります。ギ酸カルシウムに加え、レパシーらしい様々な要素を調合した総合サプリメントですが、ツノトカゲを飼育していく内に、結局餌にギ酸加えたらいいってもんじゃない、という結論に達したので、一代きりの使用となりました。

注意欄には「この商品は試験的な商品で実際に効果がある事が確認できた訳ではなく、効果が強いかもしれませんので必要に応じて薄めて使ってください」的な事が書いてます。海外の餌用蟻ファームではこのサプリに関しては否定的な意見を出している場所もあります。

 

2.ビタミン、ミネラル

○レプチゾル

 

テトラ (Tetra) レプチゾル 50ml

 

大昔からあった爬虫類用ビタミン剤。いつ頃からかは覚えてないけど。水溶性なので飲水や水場に垂らして使います。登場は主に生体がヘタっている時。口にシリンジをぶっ刺して水を飲ませる時は、この手のサプリメントは便利だと思います。飲水に混ぜても使用可能ですが、衛生的にやや問題がある様な気がします。

 

 

×爬虫類牧場パウ 爬虫類用総合ビタミン

ポゴナクラブ 爬虫類牧場パウ 総合ビタミン 86g

 

たっぷり容量のあるコスパの良い総合ビタミンサプリ。サラサラ感が強く、餌への乗りが悪いように感じました。水に溶かしてつかうならこれでも十分かな。特段好んで使いたくなるメリットもなかったので、使用仕切ってリピートなし。ビタミンサプリはそれ程使用頻度が高くない物なので、これ一つ買えば下手すれば数年もってしまうかも。

 

×GEXマルチビタミン30g

ジェックス マルチビタミン 30g PT1860

 

こちらはエキゾテラのビタミンサプリ。爬虫類牧場の物に比べて餌にしっかりひついてくれる様に感じました。ただし容量は少なめ。ただこれでも安い方かな。少数飼育の方にもオススメ。また上記の2つに加えて多少のミネラルを含んでいる点も評価。

 

 

3.総合サプリメント

◎レパシースーパーフード カルシウムプラスLoD

 

 

現在愛用しているのがこちら。カルシウムだけではなくビール酵母やよくわからない植物の粉末等などレパシーらしい節操のない配分が気に入ってます。安価なカルシウムサプリにはあまり含まれない微量ミネラルが入っているのもポイント。ネクトンと同じく、カルシウムを含んだトータルサプリ、という感じですね。お値段はやや高めですが、量も結構入っているので、コスパはそれ程悪くないと思います。ビタミンDは最初に紹介したGEXカルシウム+ビタミンD3の半分程度。

ちなみに余計な物を省き、カルシウムと豊富なビタミンD3(LoDの三倍程度)のみの「レパシースーパーフード スーパーカルMeD」も販売されていますが、こちらは明らかにコスパが悪いので個人的にはオススメしません。

 

 

○NEKTON-REP

NEKTON-REP 35g(ネクトンレップ)

 

動物園でも愛用されている!獣医師も推奨!との謳い文句で有名なドイツ産のサプリメントです。ビタミンやミネラルも配合されているので、単なるカルシウムパウダーとしてだけでは無く、トータルサプリメントとして使用している方が多い様です。あと匂いが若干美味しそう。

ビタミンDの含有量について大まかにスルーしている私ですが、ネクトンに関して言えば明らかに多い。どのぐらい多いかというと1kgにつき250μg。これをIU/lb換算すると他のD3を含むサプリに比べると数十倍、程度のお話でないですね。という訳で私は基本的に月に1,2回程度しかつかってません。お値段も日本で買うとアホほど高いです。

ただ、ネクトンレップを常用している方は私の知り合いにも多く、その方たちの生体がD3過剰摂取症を起こしたという話を聞いたことがありません。結局あんまり気にする必要がないのかも知れませんね。

 

4.その他

◎ベンリーパック食品 レプラーゼ 100g

ベンリーパック食品 レプラーゼ 100g

 

乳酸菌は大事!という事で定番中の定番のレプラーゼも使用してます。草食トカゲや雑食トカゲと相性が良いですね。特に糞が水っぽかったり、やたら臭かったりする場合に意外とこれでなんとかなったりします。人によってはエビオスを始めとした人間用の整腸薬を砕いて使う方もいるみたいです。

Pocket

愛用しているサプリ、愛せなかったサプリ(順次追加予定)」への3件のフィードバック

  1. はじめまして!
    今現在、後ろ足1本無し、他3本曲がり、盲目のクサガメを育てています。

    生まれて2ヶ月ほど経つのですが、全く餌を食べてくれません。
    カメ自体はグッタリという様子はなく、歩き回ったりしているのですが、全く大きくなった気配がありません…

    現在、レプトミンミニ、咲ひかり沈下を毎日、テトラレプチゾル、GEXカルシウムチャージ(液体)を2日おきに餌の時間のみ飼育水に混ぜています。

    レプトミン、カメプロス、咲ひかり、冷凍・乾燥赤虫、乾燥エビと試しましたが全く食べず…
    口が開けづらいのか1mmほどしか開きません。

    爬虫類ショップにてNEKTON-MSAを勧められ購入しましたが、クサガメは水の中でしか餌を食べないので、ネクトンは全く水に溶けてくれずでお蔵入りしています…

    こちらで拝見したレパシースーパーフード カルシウムプラス、レプラーゼが個人的に気になっているのですが、水に溶けますでしょうか?

    また、他に、水に溶けやすく、オススメなものはありますでしょうか?

    長くなってしまいましたが、回答頂けると幸いです。

    • まずこの状態であればレパシースーパーフードカルシウム+もレプラーゼもほぼ効果はありません。
      これらはあくまでサプリメントの一つであり、主食にはなり得ないからです。3大栄養素をほぼ全く含みません。これらがなければ代謝はできませんし、ビタミンやミネラルを補うためのサプリを選んでも意味がありません。
      まずは食べる主食を探し、与える所から始めなくてはいけません。水中に溶かして与えてるといいますが、糞はしていますか?コイやフナみたいに水中の小さな餌を濾して食べたりはしませんので、溶かしたからと言って摂取してるとは限りません。
      飲水からほんの少量、人にとっては米粒1つにも満たない栄養を摂ってる可能性はありますがそれだけです。
      更に言えば水質の悪化により更に体調を崩す可能性すらあります。
      そのままでは近い家に致命的な問題が起こります。子ガメだろうと爬虫類は飢餓には強いので、改善が行われなくても数ヶ月ぐらいは持つかもしれませんが。
      まずは温度や光などの環境を整え(既に外、場合によっては室温でも子ガメにとっては厳しい季節に入っています。器具を使いましょう)、活餌や昆虫、お魚の切り身なども試してみてください。
      それで餌に食いつかないのであれば、素人ができる事は既にありません。お医者様か天命に任せましょう。

      • 回答ありがとうございます。

        現在他のベビーもおりますので、水中ヒーターは使用していませんが、水槽をスタイロで囲い、暖突で室温、水温共に28度前後を保っております。

        甲羅干しも自分ではできないので、2日に一度は水を無くし、強制乾燥しております。

        イトメも試しましたが、やはり口が開かないようで、食べるそぶりはしますが、口に入らないようです…

        糞は固形の物は今まで見たことがありません…出ていないのかもしれません。

        口を強制で開けようにも小さすぎて固定も難しく、出来ていないです。

        レプトミンはふやけやすいのですり潰して飼育水に混ぜたりしております。
        水換えもプラケースなので頻繁にしています。

        サプリメントも効果ないですか…
        少しでも改善できればと思ったのですが…
        どうにか栄養とれるようにもう少し頑張ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA