アルミケージを作ろう! その0 準備編

Pocket

この記事には内容がありません。ケージ作成の手順のみを知りたい方はこちらから御覧ください。

 

出来損ないの木箱をケージと呼んで使うのはもう嫌だ!

 

今回からしばらく、アルミケージを作るという目標の基に、私が試行錯誤する過程を日記にしていきます。

 

※ちなみに作成主はケージに関して特別知識がある訳ではありません。義務教育時代の美術の成績も大体2でした。そんな知識も技術もない人間が書く記事なので、参考にするのはもちろん非推奨ですし、参考にして作ったケージに関しては一切責任を持ちません。あしからず。むしろアドバイスください。

 

サイズを決める

今回はあくまでも本番前の予行練習の意味合いを兼ねて、我が家のストケスイワトカゲのケージを作ろうと思います。

ストケスのペアでしたら90×45程度あれば十分な感じなんですが、今年はめでたくベビーが誕生したので、今ケージのサイズアップも兼ねて練習しようという訳です。こいつらであれば活餌をポンポン放り込んで飼うタイプでもありませんし、ある程度荒いケージでも多分許容されます。ケージ練習の相手としてはちょうど良いでしょう、はい。

 

 

という訳でサイズはこんな感じ。本当は奥行き60は欲しいのですが、今回は素材費用等との兼ね合いで45cmまで。また、新素材を使って、サイドにメッシュを入れるノウハウがまだ無いので今回はケージを低くする事で風通しを確保する事にしました。蓋はまだ未定。(最悪木材製になるかも。笑)

 

 

壁の素材を選ぶ

 

まずはカインズホームへ

今までは木材一辺倒でしたが、今回の趣旨としては「もう木箱は作らない」なので、今巷で話題?のアルミケージを目指してみようと思います。

 

 

・・・アルミケージ、とは言いましたが、実際のアルミ板は耐腐食性的にも、お値段的にもどうにもならない素材でしたので一発で挫折しました。

 

だって壁だけで見積もり4、5万越えちゃうんだもん・・・安いから鉄板でもいいか、なんて頭の悪い事を考えている内に足は勝手にカインズホーム宇都宮平出店に向かってました。

(※カインズホーム平出店とは・・・宇都宮市街地から比較的近いある、大きめのホームセンター。素材の種類が比較的多く、うちの近くでは材料が集まらない場合はここまで足を運ぶ。)

 

真っ先に目に入るのはいつもの木材。今回は使わないと決めたんだ・・・

 

 

これ1,2枚あれば大体のケージは作れちゃうからね、仕方ないよね。

 

トタン素材。野外ケージを作ることになったら使ってみたいね。

 

 

今回目当ての金属&アルミ複合板のコーナー。心許ない品揃えだけど大分マシ。

 

 

お値段が結構しますね・・・

 

こちらはアルミ複合板に穴が空いているタイプ。強度も高く、風通しの確保のためにサイドに使えそう・・・でも値段がアルミ複合板の倍程度。壁に登られるも面倒なので今回はパス。

 

 

お目当てのアルミ複合板。構造的には塩ビをアルミで挟んで、更にコーティングした物。だから金属と違い延性が無く、自由自在に折り曲げられる訳ではないらしい。

 

 

厚さは3mm程、強度はちょうど同じ厚さのベニヤ板と近しい印象。小型種程度なら問題ないけど、負荷次第では結構撓みますね。

 

あと困ったことにアルミ複合板は加工がやや面倒らしく、カインズでは加工を承ってないらしい。うむむ・・・我が家には壊れかけの電気丸鋸とディスクグラインダーぐらいしかないのでできればお店に任せたい。という訳でカインズからはやむなく撤退。

 

 

栃木北部最強のホームセンターへ

続いて訪れたのは、栃木北部では私が知る限り最も大きなホームセンターであるジョイフル本田宇都宮店。

 

 

(※ジョイフル本田宇都宮店とは・・・栃木県北部ではおそらく最も大きなホームセンター。素材系で、こちらで見つからなかった場合は諦めるべし。宇都宮店とは銘打ってるが、実は上三川にあり、我が家からは50km近く離れている上、夕方になると国道4号線が渋滞したりするため気軽には立ち寄れない。)

 

圧巻の品揃え。さすが最強。使えそうで使えこなせない物がガンガン置いてある。私が参考にしている秘密の某ケージはくの字のアルミフレーム(アルミアングル)を上手に使ってケージを作ってましたが・・・。アルミアングルを上手に使えたら一気にコスト下げられるんですけどね・・・今後の課題です。

 

 

ガラスが売ってるのもポイント。意外と板ガラスって、思った通りの物を手に入れるの大変だったりしますからね。これは便利です。ちなみにこれでも揃わない場合は、通販の切り出しサイトをあたってみたり、charm辺りで水槽のガラス蓋から探すのもあり。今回は使用するガラスサイズが固まってないので、どこで買うかはまだ未定。

 

 

大型種ならこんな窓サッシを使うのもいいかもね。ただ木製ケージ以外だと取り付けの相性が非常に悪いので、今回は却下。

 

 

とりあえず外壁にアルミ複合板を利用する事は決まりました。アルミ複合板はプラスチックをアルミではさみ、さらにビニールで保護した物です。

看板なんかにも使われる素材で、防水性、(ある程度の)保温性、軽量性に関しては問題なし。強度はやや不安だが、まぁ許容範囲。大型種相手なら二枚重ねなんてのもありだと思う。

ちなみにジョイフルホンダだとワンカット350円との事なので、そこだけがちょっときついかな。綿密にカットサイズを決めていかないと、みるみる費用がかさんでいく・・・

 

こんな所で壁材が決まったので、次回はフレームやらなんやらについて決めていきます。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA