T5という選択肢 前編  イントロダクション

照明論

昨今爬虫類照明界を沸かせているT5蛍光灯という物があります。私はメタハラ原理主義者なのでそれほど多用はしていないのですが、なかなか優秀な照明でして、今回はこいつの解説をしたいと思ってます。T5について前編(イントロダクション)、中編(灯具の紹介)、後編(突き詰めてT5を考える)の三本仕立てです。

 

そもそもT5ってなんぞ?

 

T5というのは蛍光灯の細さの規格です。一般的な蛍光灯はT8なので、とりあえずこれより細いんです、T5は。T8の灯具にはサイズ的にもハマりません。

サイズ的な規格だけではなく、点灯方法も異なります。T5はインバーター式を採用しており、1秒間で蛍光灯を数万回点滅させる事によって(通常のグローランプ型は通常の周波数通り50~60回のみ)より自然に、より効率的に発光します。LED並みに効率がよく、寿命も長いので、欧米では既に一般的な蛍光灯として導入している国も多いです。

とまぁこんな感じでT5を説明しましたが、この辺は割とどうでもよく、本当のキモは現在業界で流行っているT5蛍光灯は通常のT5蛍光灯ではなく、T5 HO(high out put)という物である、という点です。

このT5HOというのは紫外線域など特殊なスペクトルを利用する分野で使われる規格なんですが、これは通常のT5規格と違い、一般的な物ではなく、主にショウケース用、植物育成用、アクア用に利用されてきました。

T5とT5HOでは灯具からして全く別なものです。くれぐれもモノタロウなんかでT5の灯具を集め、自作しようとはしないでください。自作する場合は専用のバラストと相応の知識が必要になります。一応自作の方が多少は安上がりになりますが、基本的にはオススメしません。

そしてもう一つ平たく言ってしまうと、HO対応灯具で、長さと出力が合っていれば、HO対応蛍光灯は問題なく点灯できるという事です。

細かい相性があるかもしれませんが、最も普及してるであろうHO灯具であるSunblasterでも、爬虫類用のT5HO蛍光灯は問題なく点灯したので、結局zoomedのT5HO蛍光灯も一般的なT5HO蛍光灯と特に変わらないという認識でOKです。

ただし海外製品が電圧の関係で点灯しない、という可能性はあります。

私はアクア、植物育成、その他から8種程取り寄せて使いましたが、他のT5HOが点くけどzoomedのT5HO蛍光灯が点灯しなかった、という事はありませんでした。(この辺の詳細は中編にて語ります。)

 

T5のポイント

 

UVB照射量が多い

T5は通常のT8規格に比べて2倍から3倍程度のUVBを照射しています。ただスペクトルの分布自体には違いがありますので、単純比較で、とはいきません。

 

幅広く光を照射できる

日本の爬虫類の照明は、完全に蛍光灯、セルフバラスト水銀灯、メタハラ灯、レフランプタイプの紫外線灯がメインになってしまいました。昼光を再現する、という点に置いてはやはりレフランプよりも点で集光しないタイプの灯具の方が優れていると思いますので、そういった意味でも待望の製品とも言えます(詳しくは後編にて)

 

明るさはT8蛍光灯に比べると強い

T8蛍光灯に比べると、大体明るさは3倍です。メタルハライドランプに比べると物足りない照度です。ただ全体を照らす事ができる点、本数を追加して補える点を考慮すると、完全に劣っているとは言い切れません。

 

長寿命

通常の蛍光灯タイプと比べると倍以上寿命があります。大体1年ぐらいは何も問題なく使えます。使用データを各所で見るに、紫外線照射量が半減するまで1年2,3ヶ月程度、という場合が多いようです。この辺は10.0も5.0も変わりはありません。

 

赤外放射量が少ない

赤外放射量が少ないため、照射して温度を上げる効果はそれほどありません。と言っても灯具全体をケージに入れ込んだ状態だと、W分は発熱しますので、熱を全く出さない、という認識は間違いです。

 

コストは比較的張る

灯具が高く、蛍光灯もそこそこ値が張ります。一本運用であればメタハラより安いですが、2本以上の運用となると、そこらの70Wメタハラより運用コストがかかります。

 

入手可能なT5OH蛍光灯

 

現在現実的に入手可能な蛍光灯はzoomedが販売する「REPTISUN T5 HO」の二種類のみです。リフレクターを使わずに測定したデータを2種用意しましたので、参考にしてください。あくまでリフレクターを使用しない、干渉のない素データですので、実際にzoomedのT5灯具を使った場合、このデータの2,3倍の数値が出ます。(詳しくは中編にて)

 

 

ちなみにUVCの検出値はメタハラと比率的にそこまで変わりませんでした。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました