アブロニアチャレンジ!

慣れないアンギストカゲ、慣れない樹上種、でも頑張る。

IMG_1727

 


本来僕は乾燥系だったり温帯に住むトカゲだったりを専門に飼っているのですが、どうしても憧れていたアブロニアに手を出してみたくなって、東レプで満を持して購入してしまいました。

アブロニアと言えばタエニアータもいいなぁ、デッピーも捨てがたい、なんて思ってたのですが、やはり予算的にも都合が悪いですし、最初で最後のアブロニアにしたかったので、スタンダードかつシンプルな美しさを持つグラミネアにしました。

CipBG9bUYAAJxAv

やっぱり僕の中ではグリーンにはある種の憧れがあります。私が初めてお金を出して買ったトカゲが沖縄のアオカナヘビでした。この緑は飼育していくにつれて青に変化してしまうのが残念ですが、まぁそれはそれで味があっていいでしょう。

しかしこのアブロニア、最近では輸送技術の発達もあってスタート時点の状態が良くなってはいるのですが、やはり死にトカゲとして名を馳せた種類でもあるので、飼育には手を抜けません。かといってこの手のトカゲ、手間をかけすぎてプレッシャーをかけてしまうのも悪い結果を呼んでしまう事もあるので難しいですね。

とりあえず現状は色々試行錯誤しています。

CiwC9wFVAAAFJ8_

ケージは私の大嫌いなケースバイケース60×30×57を使用。バックをメッシュに変更しています。サイズ的には問題ないと思うのですが、様子を見てWPTの80×50×50のケージに変更するかもしれません。樹上種という事なので180㎝の高さにケージを置いています。実は私の寝室のベッドの足元の棚に置いているので、倒れて大変な事にならないようにしっかり固定しています。

床材は爬虫類用のバーグチップを使いました。アブロニア=バーグチップという謎の認識がなぜかあったのですが、まぁ比較的潜りやすく湿度の管理もしやすい床材なのでそれ程悪い結果にはならないでしょう。様子を見ながらミズゴケ帯を作るかも知れません。

次に観葉植物。ショップさんから観葉植物は入れると湿度が上がり、夏場は蒸れの原因になるとの忠告を頂戴したので、最初にわんさか植えていた様々な植物は取り除きました。特に水分をよく発散するポトスは多分アブロニアには向かないかも知れませんね。とりあえずアイビーを申し訳程度に入れておいています。落ち着いたら現地再現のためにブロメリアの鉢を入れるかも知れませんが、植物自体は少な目に徹します。

現在温度は21~25度の範囲で収まっています。ケージの上にはカメレオン等によく使う空気循環器を置いています。クーラーの空気を引き込みやすいように工夫したので、夏場もこれで乗り切れると思います。

餌はコオロギ、デュビア、レッドローチのローテーションの予定ですが、できればカルシウムの豊富なワラジムシやカタツムリをメニューに組み込みたいですね。特にカタツムリは大好物らしいのでぜひ入手したい所ですね。餌の与えすぎは危険なので3日に1度の頻度でいきます。

こんな感じでしばらくやってみようかと思います。ペアで揃えてあるので将来的には繁殖を、なんて甘い事考えてます。うまくいくといいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA