スラウェシクロコダイルスキンク 飼育メモ

ベーコンミズトカゲとも呼ばれ、オニヒラオミズトカゲ、なんてよく似たやつもいる。

近年まで分類が曖昧で、最終的な命名に日本人が絡んだそうな。よく知らないけど興味ある人はググってください。

お店によってはジャイアントクロコダイルスキンクとも呼んだりする。
30cmを超えることもある。
オニヒラオミズトカゲとの区別は腹が白い方がベーコン、黒い方がオニヒラオと覚えるといい。
ショップやイベントでオニヒラオは滅多に見ないけどね。
image

こいつの写真を撮るのはなかなか大変だったりする。

 

 
 
飼育に関するメモ

 

ケージ

 

一匹なら6045~、ペアなら90規格は欲しい。
割と大きくなる上、運動もする時はするのでペア6045は結構手狭に感じる。
ビビりな上管理も大変なので爬虫類専用ケージがオススメ。
水を張る事を考えると個人的にはGEXのグラステラリウムが理想。
衣装ケースに煉瓦を置いて水を張って飼ってる人もいる。



照明、保温
しっかりダスティングしてればUVB灯は要らない。心配であれフォレストタイプのUVB灯を使うといい。
バスキングライトも意見が分かれるところ(私はこいつがバスキングしてるところをここ10年で一度も見た事がない)
熱帯魚用サーモヒーターは夏以外は必須。冬温度が下がるようなら暖突や保温球も欲しい。
ただ、基本的には陸地の温度>水中の温度になるようなセッティングを心がけるべき

床材

ベア、もしくは砂利系を推奨。タッパに水を張って水辺を作る場合はヤシガラや赤玉土を使う人もいる。
環境特性上ダニがよく沸くので注意。

レイアウト

サイトによってレイアウトされたアクアテラリウムでの飼育を勧めているところもあるが、デカい上に俊敏にうごくし、パニックで暴れる事もあるので個人的にはオススメしない。シンプルなセッティング推奨。流木等をセッティングする場合、下敷きになるような自体を避けるためにしっかり固定する事。

コオロギ、ローチ、普通のミルワームにダスティングをして与える。
ピンクマウスも食べたりする。
メダカや金魚の死体を食べてるところを見た事はあるが、生きてる魚を襲った所は見たことない。

入手

以前は沢山見かけたが、最近はあまり見ないとショップの人からの情報。それでもイベントなんかでは大体見かける事はできる。
値段はそんなに上がってない所を見ると単に人気がないだけかも。

繁殖

確立された方法はないが、卵胎生なのでペアで飼ってると勝手に増えてたりする。


飼育に特に気をつけている事
1、水は綺麗に保つように注意。週に一度、半分は換水する。濾過装置で手間を省く事もできるが、水の汚し方は熱帯魚のそれとは比べ物にならないので工夫は必要。

2、温度は高すぎず低すぎず、25〜29度ぐらいに保つ。暑い日は水場で体温を下げるのでヒーターは切った方がいい。

3、どういう基準かはわからないが、同種で喧嘩をする事がある。異性でも喧嘩をするので、狭いケージでの多頭飼育には特に注意。

4、半水棲の例に漏れず引きこもり属性があるので、がっつりシェルターを設置すると中々出てこない。多頭飼育の時、個体に明らかな強弱がある場合は色々試しながらシェルターを設置すること。

 

5、陸地はしっかり作る。半水棲と言えど、基本的には陸地を好むため。ペア飼育の場合は交尾するスペースも必要になる。

半水棲トカゲの中ではそこそこメジャーではあるが、イマイチ人気がない種。安くて餌食いがいい個体も多いため初心者向けではある。


クロコダイルの名の通り、無骨な鱗の触り心地は魅力的!

クロコダイルのような硬い鱗ひビッシリ覆われている。サイズもボリュームがあり、目もクリクリっとしていてとてもキュート。

性格は玄人向けかも
基本的にあまり慣れない。ピンセットから餌を食べる、ぐらいが限界のように思う。
行動は水に入るニホントカゲといった感じ。飼ってみるとこいつがスキンクであると実感。半水棲トカゲの醍醐味をあまり味わえないので、つまらないトカゲ、こいつ買うならアカハライモリでも飼う、など酷い言われ方を一部でされていたりする。シナワニが高騰しているため、ショップに代わりにこいつを勧められる事案も発生してたりする。
うちの子もなかなか慣れず、うまく写真すら撮らせてもらえない。

賛否両論、でも飼ってみると意外に味があるかも?

酷い事も沢山書いたが、決して私がこの種を嫌ってるわけではない。
我が家ではペア飼育しているが、眺めているとこの種なりに色んな姿を見せてくれる。ただし、植物たっぷりのアクアテラリウムがやりたい!って人には向かない。両生類か小型のシナクロやカブトトカゲの方が向いている。
導入予算を考える
ケージ購入費用→6045なら6000円から、9045なら12000円から
生体費用→ペア14000〜24000円、最近イベントでもあまり見ない
ヒーター→2000〜5000円
照明→2000円〜3000円
床材、シェルターなど→3000円〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA