ソラーレUV70w VS ソーラーラプター70w!徹底比較! 

記事を投稿する前に、ソラーレUVが発売停止になってしまうという大失態。



 

 

二種のメタハラ、比べてみます

若干旬が過ぎてしまった感があるのですが、スドーさんの「ソラーレUV」とゼンスイさんの「ソーラーラプターHID」の比較検証を行いたいと思います。

 

スドー ソラーレUVとは

 

アクアメーカーとしておなじみのスドーさんから発売されて「いた」爬虫類専用のメタルハライドランプです。おそらく日本で最も売れたであろう爬虫類用メタハラだと思われます(憶測です)。

ぶっちゃけソラーレ自体にこれと言った特徴はないのですが、扱いやすい70w、クリップで取付可能のスポットライトタイプ、替え電球がかなり安い等、飼育者にとっては色々と都合の良い点が多く、実は私も結構愛用していたメタハラです。

残念ながら2017年4月現在、既にスドーの製品ラインナップから姿を消し、替え電球のみ継続販売している状況です。今後復刻があるかどうかは不明です。残念。

 

ゼンスイ ソーラーラプターHID 70wとは

 

ドイツからの来訪者、という事で一部照明好きから輸入を期待されて来たのがこちらのソーラーラプター。マーキュリーランプの方は結構早い段階から入ってきていたのですが・・・2016年にゼンスイが間に入って販売が開始され、今では多くの店で見かけることができます。

ラプターHIDが日本に入ってきて、多くの人がまず思ったこと。それはおそらく「高ぇ!」でしょう。点灯具はソラーレの1.5倍近く、替え電球は倍程度。ソラーレのライバルになるはずがイマイチ盛り上がらなかった印象のこちら。

なんかお値段が下がっている、との情報もありますので、今後コスパは改善されるかもしれませんね。(2017/04/07)

 

紫外線量比較

すべてのデータは専用灯具で30分程点灯させてから、光の芯の部分を計測しています。このタイプのメタハラは位置によって大きく数値がブレるので、あくまで参考値として頭に入れておいてください。

 

UVB低波長帯

参考値 晴天時の直射日光(4月1日 12時 20℃)

198μW/cm2

 

ソラーレUV

照射距離(cm) 強度(μW/cm2)
20 550
30 240
40 148

 

ソーラーラプターHID

照射距離(cm) 強度(μW/cm2)
20 880
30 403
40 202

 

UVB高波長帯+UVA低波長帯

参考値 晴天時の直射日光(4月1日 12時 20℃)

840μW/cm2

 

ソラーレUV

照射距離(cm) 強度(μW/cm2)
20 1348
30 885
40 460

 

ソーラーラプターHID

照射距離(cm) 強度(μW/cm2)
20 1940
30 1220
40 775

 

UVA総量

参考値 晴天時の直射日光(4月1日 12時 20℃)

7.874mW/cm2

 

ソラーレUV

照射距離(cm2) 強度(mW/cm2)
20 16.01
30 7.38
40 4.24

 

ソーラーラプターHID

照射距離(cm2) 強度(mW/cm2)
20 24.01
30 12.21
40 6.84

 

紫外線強度はソーラーラプターの圧勝ですね。ゼンスイのお姉さんがイベントで、ソラーレの倍の紫外線量!という売り出し方をしていましたが、たしかに項目によっては倍近い数値を出している項目もあります。特にUVB高波長帯で良い数値をマークしている点は見逃せません。

紫外線量は高ければ良い、という物ではありませんが、少なくともこの点において性能の優劣をつけるのであれば、ソーラーラプターに軍配が上がるでしょう。

 

明るさ

参考値 直射日光

30000~100000程度、平均値は70000

 

ソラーレUV

照射距離(cm2) 照度(lx)
30 82000
40 42000

 

ソーラーラプターHID

照射距離(cm2) 照度(lx)
30 108200
40 72000

 

可視光量でも大きな差がありました。同じワット数でこれだけ差が出るとは思わず、測定者本人もやや困惑。近年よりウェイトを置かれる様になった可視光量、気を使いたい方はソーラーラプター一択でしょう。

目視する感じではそれ程大きな差があるようにも見えないのですが、まぁメタハラの照度ってそういう所ありますからね。光重ねて初めて明るさがわかる、なんて事もありますし。

 

総評

スペック的には文句なしにソーラーラプターHIDの方が高いです。はい、それ以上は特にありません。紫外線量、照度、ここまで差がついていたら認めざるを得ません。

この高スペックにどれだけの意味があるのか、と言われると、困る部分もあります。ぶっちゃけ爬虫類用メタハラの性能としては、ソラーレUVの時点で十分な気もしますし、紫外線量が多く確保できても、生体に接射しにくくなる部分もあります。

ソラーレでしたら30cmレベルまで近づけてもそれ程問題は感じませんが、ラプターHIDの数値を見るとやや怖いです。また、温度の出方はソラーレの方が優秀に感じました。バスキングスポットだけカラッ!と温度を上げたい場合にはソラーレの方が使いやすいかもしれませんね。

 

おまけ

ちなみにソラーレ、一応ソーラーラプターの電球を取り付けてもしっかり点灯しますし、UVBもそれ程変わらず照射してくれます。

 

 

最も、ソラーレとソーラーラプターHIDは安定器の性能が違いますので、互換性がある、という訳ではなく、電球の寿命等何かしらの悪影響はあるでしょう。という訳で推奨はしません。火事になってもアタシは責任取りません。

 

しっかり接地して素敵なメタハラライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA