アルミケージを作ろう! その3 総評

作ってみた所感と次につなげるために

 

こちらの記事の続きです。

 

 

完成!

 

 

なんだかんだで完成しました。サイズは140×45×45、当初の予定より背丈がちょっと高くなり、入れる予定のトカゲも変わってしまいましたが、それなりに満足のゆく物が作れたと思います。

広いケージはいいですね。特に小型、中型のトカゲを入れると映えます。50cmを超えるような生体だと、これでも狭く感じてしまうでしょうね。

奥行きを45cmにしたおかげで、蓋の問題もそこまで悩まずにすみました。市販のバーベキュー用の網やパネルなんかは45cm幅の物が多いので、流用が効きます。

ケージ自体の強度の方も問題ありませんね。予算があればアルミ複合板をもう一枚重ねてフレームに挿せればよいのですが、まぁ特定を入れる訳でもないですし、妥協が許される部分かなと。

 

費用

ざっくりですが、フレーム16000円、ガラスが7000円、アルミ複合板が4500円、接着剤やシリコンが1500円程度、材料を準備するのに大体30000円かかりました。

WildmonsterさんでWP1260( W 1235 × D 480 × H 605)を購入すると、送料込みで31000円程度ですので、安く済んだか、と言われるとかなり微妙なラインになりますね。

 

一応費用を削れば、それ程クオリティを落とさずに25000円程度までは抑えられると思いますが、それでも木製ケージを作るのに比べると、数倍高くなってしまいました。

 

といってもフレームに出来上がった材料をはめ込むだけの状態まで落とし込んでいるので、失敗はまずありません。オーダーメイドケージに比べると大分安上がりになりますので、大きなケージを軽めに丈夫に作りたい!という場合には十分選択肢として成立するのではないか、と思ってます。

 

今後の展望

アルミアングルとアルミ複合板を使ったケージを製作する予定です。リベットと強力接着剤をメインに組み立てますので、強度の方が課題ですね。ただコツを抑えられたら、気軽にケージを組み立てるようになるので、色々と捗りそうです。不器用な私がどこまでやるのか、チャレンジしていきたいと思います。よろしければ今後もお付き合いください。

アルミケージを作ろう! その3 総評」への4件のフィードバック

  1. 天井部分がどうなっているか教えていただけませんか?
    アルミフレームに直接金網を差し込んでいるのでしょうか?

  2. こんにちは。返信が遅れてしまい申し訳ありません。

    天井部分に関しては作っていないので、ちょうどはまるサイズのバーベキュー金網をホームセンターで見つけて、それを使っています。

  3. ご返信ありがとうございます。
    バーベーキュー金網が固いのでそのまま嵌め込んで使えるんですね。蛇なんかだと脱走対策も必要になってきてまた勝手が違いそうです。
    アルミアングル版もアップ楽しみにしています

    • 基本的に同サイズの板をはめ込めば大丈夫ですので、今回の場合は厚さ0.6cmの範囲内で色々融通が聞きます。ヘビに関しては偉そうに言えるほど知識がないのでなんとも言えませんが、ややハードルが上がると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA